一般社団法人 滋賀県作業療法士会

Occupational Therapist

  1. HOME
  2. >常設委員会

倫理委員会

会員の倫理に関する業務を行う部門です。

ちなみに作業療法協会の協会倫理綱領を紹介いたします。

日本作業療法士協会倫理綱領

  1. 作業療法士は、人々の健康を守るため、知識と良心を捧げる。
  2. 作業療法士は、知識と技術に関して、つねに最高の水準を保つ。
  3. 作業療法士は、個人の人権を尊重し、思想、信条、社会的地位等によって個人を差別することをしない。
  4. 作業療法士は、職務上知り得た個人の秘密を守る。
  5. 作業療法士は、必要な報告と記録の義務を守る。
  6. 作業療法士は、他の職種の人々を尊敬し、協力しあう。
  7. 作業療法士は、先人の功績を尊び、よき伝統を守る。
  8. 作業療法士は、後輩の育成と教育水準の高揚に努める。
  9. 作業療法士は、学術的研鑚及び人格の陶冶をめざして相互に律しあう。
  10. 作業療法士は、公共の福祉に寄与する。
  11. 作業療法士は、不当な報酬を求めない。
  12. 作業療法士は、法と人道にそむく行為をしない

規約委員会の紹介

 規約委員会を担当しています滋賀医療技術専門学校の嶋川昌典です。

 「規約」と聞いてみなさんはどんなイメージをお持ちになられますか?
「規約」とは「団体内で協議した決まりごと」という意味があります。簡単に言えば規約委員会とは滋賀県作業療法士会のルールブック作りをしている委員会です。小集団ではなんとなく…といった感じで物事が決まっていったりするのですが、一般社団法人といった名実ともにしっかりとした職能団体として認めてもらう為には、きっちりと決まったルールに則って物事を決めていくことが必要になってきます。それを整備していくことが規約委員会の仕事になっています。

 一般社団法人になる昨年4月までは全国の各県士会に連絡をとり、必要な規約の整理整頓をしてきました。今後はそれらを活用しやすいものに整備していくことが重要な仕事となってきます。まだまだ不備な点も多々ありますので、お気づきの点がございましたら規約委員会までご連絡いただければと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

表彰委員会

協会および他団体の会員表彰の推薦に関する業務

選挙管理委員会

役員の選挙に関する業務