神経難病・重度障害生活者へのコミュニケーション支援技術講座

2013年10月30日 / お知らせ

神経難病・重度障害生活者へのコミュニケーション支援技術講座要綱

【日 程】平成25年12月7日(土)~12月8日(日)

【会 場】ピアザ淡海 中会議室204号室 (滋賀県大津市におの浜1丁目1-20)

【定 員】48名(支援者の方につきましては、2日間とも参加できる方を優先させていただきます)

【講 師】NPO法人 ICT救助隊より今井 啓二 先生と仁科 恵美子 先生をお招きします。

【コーディネーター】日本ALS協会近畿ブロック副会長、kobaレディースクリニック理事の小林 貴代 先生(作業療法士)に司会進行役をお願いします。

【プログラム】

1日目 12:30 受付開始 13:00 開会にあたり

13:10 コミュニケーションについて,文字盤の実習と携帯型会話補助機器体験        (レッツチャット、ペチャラ、トーキングエイド)

14:30 意思伝達装置「伝の心」について

16:00 オペレートナビについて

17:00 フリーソフトHearty Ladder(※ 1)について

18:10 希望者のみ工作実習「スイッチインターフェイス製作(※ 2)」 材料費1,000円

19:30 1日目終了

2日目 9:30 受付開始  10:00 スイッチの適合  12:00 昼食

12:45 工作実習「オリジナル入力スイッチ製作」 材料費1,000円

15:00 オリジナルスイッチでHearty Ladderの操作    2日目のみの参加の方には、工作済みのインターフェイスを準備することが可能

15:30 神経難病・重度障害生活者へのコミュニケーション支援のまとめ

16:00 2日目終了

※1 Hearty Ladderとは、「伝の心」のように、ワンスイッチで文章入力ができるフリー(無料)のソフトウェアです。

※2 スイッチインターフェイスがあると、センサースイッチや2日目に作るマイクロスイッチを使ったオリジナルスイッチでHearty Ladderを動かすことができます。

【参加費】1,000円

【材料費】スイッチインターフェイス、オリジナル入力スイッチ製作参加者には、材料費として各1,000円を実費負担していただきます。スイッチ製作に参加を希望される方は、材料準備のため研修会参加申し込みの際に「スイッチ製作参加希望」と明記ください。

【申込方法】別紙申込用紙に必要事項を記載していただき、FAXにてお申し込みください。

メールでの申し込みを希望される方は、件名を「コミュニケーション支援技術講座」とし、別紙申込用紙に定めております必要事項を明記の上お申し込み願います。

(申込・問い合わせ先) 在宅リハビリテーション支援センター・デイサービス リハビリパーク

            TEL:077-532-1654 FAX:077-532-1655

E-Mail:itudemoyumeko@maia.eonet.ne.jp

【申込締切】平成25年12月5日(木)

定員に達し次第、締め切らせていただきますので早めにお申し込みください。

詳細案内および申込書

コメントは受け付けていません。

最近のコメント

    TOPへ戻る