倫理委員会より皆さんへ

2021年9月30日 / 学術局

倫理委員会より皆さんへ

日本作業療法士協会倫理綱領・職業倫理指針を知っていますか

倫 理 委 員 会

担当 石黒 望

 

日本作業療法士協会では、昭和61年に倫理綱領を策定し、平成17年には会員の倫理意識を喚起する目的で、より具体的な行動指針として「作業療法士の職業倫理指針」を作成し、作業療法士に対しては言うに及ばす、養成施設の学生教育においても専門職団体の重要な柱として周知徹底を求めています。

昨今、さまざまな事件、報道に限らず、さまざまな情報が寄せられ、作業療法士の品性や倫理性が問われる状況を見聞きする機会も増えています。ここに改めて、当県士会として皆様に周知徹底を促すために、協会にて策定された「作業療法士の倫理に係る事例集~倫理綱領・作業療法士の職業倫理指針の理解と実践に向けて~」を紹介し、ひとりひとりの自覚をうながすと共に、当県士会における倫理に関わるエピソードの窓口についても、ご確認の上ご活用いただければと思います。

 

 滋賀県作業療法士会・倫理委員会 相談窓口

: 倫理委員会代表 石黒 望

事務局へ電話もしくはメールをいただければ、折り返し担当よりご連絡させて頂きます。

 

 

↓↓↓↓↓職業倫理に関する日本作業療法士協会ホームページからの参考資料↓↓↓↓↓

作業療法士の倫理に係る事例集

日本作業療法士協会ホームページ/倫理問題対応

 

 

コメントは受け付けていません。

最近のコメント

    TOPへ戻る