【情報提供】関節可動域表示ならびに測定法改定について(2022年4月改訂):日本リハビリテーション医学会

2021年10月7日 / お知らせ教育局

日本作業療法士協会より連絡がありましたので以下、報告致します。

 

 

日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会、日本足の外科学会の3学会によるワーキンググループにて

足関節・足部・趾に関する用語の問題を検討し、各理事会の承認を経て、今回の関節可動域表示ならびに測定法の改定が決定されました。

改訂は2022年4月1日より発効となります。

つきましては、関係書類を下記URLよりダウンロードしていただき、周知の際のご活用をお願いいたします。

 

■送付資料

  1. 関節可動域表示ならびに測定法改訂について(2022年4月改訂)
  2. 関節可動域ならびに測定法前文
  3. 関節可動域表示ならびに測定法
  4. (附) 関節可動域参考値一覧表

 

ダウンロードURL

http://dtbn.jp/kqQ3K3vR

ダウンロード有効期限2021/10/31 09:49

 

以上、何卒よろしくお願い申し上げます。

本件に関し、ご不明な点がございましたら、下記、学会事務局までお問い合わせください。

事務局担当:宇都宮

E-mail:office@jarm.or.jp

 

コメントは受け付けていません。

最近のコメント

    TOPへ戻る