「2021年12月」の記事

【日時変更】2021年度 第4回 認知症に関わる作業療法士の交流会

2021年12月29日 / 特設認知症対策

今年度4回目となる認知症に関わるOT同士の交流会を企画致しました。

現在認知症に関わっている方、認知症に興味のある方、今後認知症の方へ関わりのある方、その他どなたでも参加可能です。悩みを相談したり、共有したり、アドバイスをもらったりなど、気軽に参加していただければと思います。 交流会で頂いた意見は今年度の滋賀県認知症特設委員会の活動やアドバンス 研修へ反映させて頂きます。

案内、申し込みはこちら

※当初は2月4日(金)を予定しておりましたが、都合により2月7日(月)に変更いたしました。参加をご検討されていた方には申し訳ありませんが、何卒ご容赦ください。

滋賀県POS連絡協議会 東近江・甲賀ブロック共同 人材育成事業事例検討会

2021年12月27日 / お知らせ地域活動局研修会のお知らせ

POS連絡協議会より東近江・甲賀圏域共同事例検討会のご案内をいたします。

今回、福井県リハビリテーション専門職協議会で開催されている事例検討会をモデルとして今年度は事例検討会を開催する運びとなりました。

事例検討会については福井県リハビリテーション専門職協議会事務局長の小林裕和先生をファシリテーターとして今後の各圏域での事例検討会へつながるようご指導頂きます。

模擬事例通して多職種との連携やプレゼン能力を磨き、地域ケア会議等での意見や助言が言えるようになる事を目的としています。

日時:令和4年1月14日(金曜日) 18:30~20:30

場所:WEB研修会(Zoom)

対象:リハ職、ケアマネジャー、訪問看護師、地域包括支援センター職員 (先着50名まで)

参加費:無料

各施設お誘い合わせの上、多くの方のご参加お待ちしております。

詳細はこちら

介護サービス事業所・施設における感染防止対策支援事業に係る補助金の着実な交付に向けて(協力依頼)

2021年12月22日 / お知らせ公益社会局

厚生労働省より下記の通り、ご連絡がありましたので情報共有させていただきます。
ご確認いただけると幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

【事務連絡】感染防止対策支援事業に係る補助金の着実な交付に向けて(協力依頼)

医療機関、高齢者施設、障害者施設、保育所等への抗原簡易キット配布事業において配布した抗原検査キットに関する自主回収への協力のお願い

2021年12月22日 / お知らせ公益社会局

厚生労働省より下記の通り、ご連絡がありましたので情報共有させていただきます。
ご確認いただけると幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

【別添】医療機関、高齢者施設、障害者施設、保育所等への抗原簡易キット配布事業において配布した抗原検査キットに関する自主回収への協力のお願い

CCS-OT研究会(研究大会・研修会)実施のご案内

2021年12月22日 / お知らせ研修会のお知らせ

研修会名:第7回クリニカル・クラークシップに基づく作業療法臨床教育研究会 研究大会

 

◆開催日時:令和4年2月13日(日) 13時00分 〜 16時30分(12時30分受付開始)

◆開催方法:オンライン(zoom)

◆内容:

大会テーマ:Brush up! CCS臨床教育 〜成人教育学を学び、活かす〜

大会長講演:『作業療法にアンラーニングを教育する必要性』

大会長:小林 幸治(目白大学)

基調講演:『臨床教育に必要な学習論』

講師:三崎 一彦(小樽臨床作業療法研究会)

実践報告:『養成校臨床実習における診療参加型教育の現状と課題』

講師:岡田 岳(マロニエ医療福祉専門学校)

春山 佳代(医療創生大学)

◆対象者:クリニカル・クラークシップに興味のある作業療法士、あるいはリハ専門職

◆参加費:会員 1000円、非会員2000円

申し込みと同時に会員申し込み可 年会費3000円

 

◆申し込み:パスマーケットというイベント管理サイトにてお申し込みを承ります。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02anpc2v1h221.html

 

〆切:2月12日

◆お問い合わせ:クリニカル・クラークシップに基づく作業療法臨床教育研究会

事務局 野村(目白大学) e-mail : ccs_ot_education@yahoo.co.jp

※本会はSIG認定されている学会ですので、日本作業療法士協会会員は1ポイント付与されます。

 

チラシはこちら➜CCS研究大会チラシ2022

最近のコメント

    TOPへ戻る